目覚まし代わり

ワンワンといつもは元気に鳴いて起こしてくれる犬なので安心していました。
まるで時計のように、正確に起こしてくれるのでいつも通り寝ていました。

ところが、ハッと気付いたら会社にいく少し前だったので慌てて起きたのです。
ドッグフードを用意して、慌てて準備をして急いで仕事に行くようになりました。

ペット可のマンションなのですが、一応犬にくつわをかけておくことにしたのです。
その時でしたが、どうして起こさなかったのか気になりましたがゲージから出ていません。
急いでいたことっもあって会社にギリギリ間に合いましたが、思い返してみました。

何で犬は鳴かなかったのだろう…具合が悪いのかもと仕事に集中できませんでした。
残業を断って帰るとまだゲージにいて食べた様子もない、動物病院に急ぎました。

ここから始まりでしたが、犬の甲状腺機能低下症のドッグフードにしないとです。
朝気付いてあげなかったことを散々お詫びして、この日から一緒に寝ることのしました。

ごめんな、といいながらでしたが、早く何とかしないといけないのが、食事だったのです。
この日から、このサイトをみて犬の甲状腺機能低下症の食事の準備をしないと、と始まったのでした。

少しだけでも元気になってほしいと思ったのですが、心配で仕方なかった毎日でした。
1日有給休暇を取って、ずっとそばにいたりもしたのですが、早く治ってほしいと願うばかりです。

早く気付かなかったことを気にしながら、今は元気になるのを待っているのみでした。