人間も犬も同じ

私が飼っている犬は、体調が悪いとずっと寝ており、行動として体調が悪いことを知らせてくれます。
そんな時、私はどうしていいか分からず、見守ることしかできませんでした。
散歩に行くと、下痢をして、嘔吐も時にはしてしまいます。
犬の下痢が続く中で、医者に行き勧められたのがささみです。
人間も食事で一度は食べたことのあるささみが、下痢の時には消化を促進してくれるため効果があるのだと聞きました。
犬の下痢の時一番やってはいけないこと、、それは、水をあげることです。
水を摂取することにより、便中の水分が増加し下痢になります。
そうなると、悪循環で下痢が続いてしまいます。ですので、犬の下痢の際は水は控えて頂くのが良いと思います。
また、私の犬は酷い時には便が嘔吐にも混ざってしまうことがありましたが、これは流石に病院に行きました。
病院で点滴をし、薬を処方して頂き、3日程で元の元気な姿に戻りました。

犬の体調、気持ちというのは人間には分からないけれども、行動を見れば一目瞭然でわかります。
その行動を人間が見逃さなければ、犬が下痢をする、嘔吐をしてしまう等の体調の変化に気づいてあげられるのだと思いました。
私の友人は、ポメラニアンを飼っているのですが、仕事で家を空ける時間が多く散歩も行く時間がないと言っていました。
そんなこともあり、散歩が行けないストレスからか、よく下痢をすることがあったそうです。
友人が家に帰ってから最初にすることは、犬の下痢処理、次にお風呂に入り、寝るの繰り返しだったそうで、とても悩んでいた日々を送っていたそうです。
そんな中、私がささみを友人に勧めたら、餌に一緒にいれ食べさせたところ、下痢はおさまったと連絡がありました。
犬の下痢にはやはりフードが大事ですね。
これを期に、今まで下痢の処理だった時間を散歩の時間にあてることで、友人と犬の関係もより深まったと言ってました。