いろいろ事情があるからね

あるテレビ番組を見ていて、入れ墨を入れる体験を見たことがありますが、思った以上に大変そうで驚いたことがあります。この回の情報だけではやってみるどころか、入れ墨を消すという気持ちさえも幻滅してしまうことでしょう。体験していた有名人の方は、むしろ痛みを誇張していたからです。
その番組を見たあとも同番組の出演状況を見ていましたが、元気な感じでした。副作用や後遺症もなさそうでしたよ。いわゆる、麻酔技術というのは年々発達しているようで、私もいろいろな箇所をプチ整形していますが痛みのあるのは麻酔が切れたあとですよね。「ガーデンクリニック」さんはとても、施術時の痛みについて解説されてるので、不安も最小にした状態で受けられるのではと思われます。

先程の話とは毛色の違う話になりますが、医療技術の発達がそれぞれの人たちの人生をより豊かにしていることを最近実感しています。人というのはある意味、どうしても他人に影響されあう生き物です。

ガーデンクリニックのHPを見ていただければわかるように、自分自身の判断であったり周りの判断であったりするものを、入れ墨を消すことにしろ、入れてしまったという過去を否定するわけでもなく、むしろその都度の自分や回りさえも認められるようになるのではなどという、ある意味大それた感覚を芽生えさせることも、美容整形というジャンルなのではないかと感じてます。
気になることが少しの痛みに耐えることで消えるのなら、それは消して悪いことだとは思えません。